宗教に関する問題が管理者によって存在する


宗教に関する問題が管理者によって存在するブログ:14年09月02日


ご飯の時間をしっかり確保すれば、
子どもはきちんと咀嚼するようになる。

家族揃ってご飯をしているのに、
子どもに「早く食べなさい!」と急かしてはいけない!

子どもが追い立てられるように食べれば、
そのしわ寄せが咀嚼回数の減少に繋がり、
食べ物を噛まずに飲み込むということをしてくる。

午前中は
集中力が高くなっている時間帯なので、
お母さんは、
この時間帯に家事の大半を
こなしてしまうのが望ましい。

ご飯は一日3回あっても、
満遍なく時間をかけるのではなく、
夕食に重点を置くようにしよう。

朝方食や午後食は軽い料理で済まして、
夕食だけ時間をかけて作れば、
料理をする疲労が蓄積されなくて済むようになる。

また
ご飯中は絶対にテレビを見てはいけない。

ご飯中はテレビを消して、
会話するようにすれば、
意識はご飯をすることに集中してくるので、
自然と咀嚼回数が増えて、顎がしっかりと発達してくるのである。

自分の子どもがどうもバカだと思うなら、
その子どもの頭の良し悪しよりも…

実は毎日早食いしているからこそ、
顎を発達させることができず、
脳を大きくさせることができないということに
お母さんは一刻も早く気付くべきである。

堅い物を食べさせて、
咀嚼回数を多くしていけば、顎が発達するのだから、
自然と脳を大きくしていくことができる。

そうなれば子どもの知能も
自然と高くなっていくのである。

子どもの中には
やたらとご飯時間の長い子どもがいるものだが、
そういう子どもは将来非常に有望な子どもである。

この手の子どもはご飯の際、
いつもクチをモグモグさせているので、
異様なまでに咀嚼回数を多くすることができ、
顎がしっかりと発達し、高い知能を持つことができるようになるのだ。