立地条件は霊園選びで大切

墓地の管理状態などを実際に購入する前には必ず確認をしておくようにしてください。
緑地の手入れや歩道の整備、またトイレや給水施設などといった共有部分の清掃が行き届いているかなど確認をするべきことは多数あります。当然のことですが山頂の墓地や坂道が多い霊園はお墓参りが大変となってしまいます。
墓地の地形はもちろんのこと、日当たりや気候環境、さらには周辺の環境調査も必要となります。墓地選びにおきましての重要なポイントとしまして立地条件は欠かすことが出来ません。
お参りを続けていくことがお墓を建てる本来の目的なのですからお参りが苦になるような場所は避けた方が無難です。 霊園の種類は、自治体管理や民営があり、どちらの霊園を選ぶかは貴方は次第ですが、どちらにも欠点はあります。
価格の面や管理状況などの面を考えて霊園選びをするようにしましょう。



立地条件は霊園選びで大切ブログ:18年08月18日

息子が幼稚園に入園したら、
お母さんが弁当を作るのは当然のことだろう。

幼稚園児は脳の臨界期を迎えるという
脳にとって最も大事な時期なので、
お母さんの手作り弁当で安全な形で栄養を補給していないと、
脳のシナプスを激増させて行けなくなってしまう。

お母さんの手作り弁当であればこそ、
息子はお母さんの母性愛を感じるし、
弁当を通じて様々な遣り取りを可能にさせ、
それが脳にとっていい刺激になる。

幼稚園の方が
お母さんに対して気を利かして給食を行うというのは、
「ありがた迷惑」に属するものなのであり、
確かにお母さんたちは
給食によって弁当を作る手間暇を省くことができるが…

そのために
お母さんは息子に対する栄養管理の意識が薄れてしまい、
必ずしも息子の心身に
いい影響を与えているわけではないのだ。

お母さんが息子のために
せっせと弁当を作ることは正しい行為であっても、
奥さんが主人のために弁当を作ることは
必ずしも正しい行為とは言えない。

主人は家を出て、職場に行ったら、
下手に家族のことを持ち出すべきではないのであって、
そうやって公私混同を徹底して避けるからこそ、
仕事が機能化するということが起こるのである。

奥さんとしては主人のために弁当を作ることは、
自分の愛情表現だと思ってしまう。

だからこそ、その弁当は単なる弁当ではなく
「愛妻弁当」と言われるのであって、
その弁当自体は大いに評価されるものだ。

しかも奥さんが自宅で弁当を作れば、
主人は11時食代を大いに節約できるために、
家計を潤してくれるものである。

しかしだからといって、
その愛妻弁当がそれに対応するだけの効果を
発揮しているとは限らないのだ。

奥さんが主人のために弁当を作っていいのは、
時と場合によりけりなのである。